サンプルサイト

脂っこい食べ物は腋臭に?

脇には、たくさんの細菌が潜んでいます。
興味深いことに、腋臭体質の人とそうではない人の脇の下に潜む細菌は異なっているそうです。
この細菌の種類の違いが、異なる臭いを生みだすとも言われています。
同じ腋臭でも、人によって臭いの強さや種類に差があるのは、細菌の違いもあるのかもしれません。

腋臭の特有な細菌は、「アポクリン汗腺」から出てくる汗や、皮脂腺から出る脂肪分を糧にして生存しているそうです。
ですので、腋臭体質の人以外の脇の下では、そのような糧がないため生存し続けることができません。
この細菌は、「常在菌」という雑菌退治する役割があります。
それだけではなく、この細菌は「アポクリン汗腺」に含まれている脂肪分とたんぱく質も分解します。
これらを分解することにより、腐敗臭が出るようになるのです。

この皮脂腺からの脂肪分がたくさん分泌されることにより、皮脂膜のアルカリ度が高くなってしまうと細菌やばい菌が繁殖しやすくなります。
ですから、腋臭体質の方は甘いものや脂質が多いものを食べすぎないよう、くれぐれも注意しましょう。
糧を与えて、しかも分解されたらもうどうにもできません。
その前にそうならないように、予防するしかありません。
しかしいくら清潔に保とうと、スプレーとかで誤魔化そうと限度というものがあります。

そのために日ごろからの食生活、すなわち「腸内環境」が大切になってくるのです。
臭いが作られるのは、血中と腸が多いです。
食べ物のかすや脂肪分が、悪臭を放つようになるともう手遅れです。
ですから普段から野菜の多い食事を心がけて、油ものや甘いものは摂らないようにしましょう。
あくまで心がけです。
毎日を野菜で過ごせだなんて言いません。

助けていただくのは、青汁と乳酸菌やカルシウムです。
便通を良くして血液のサラサラを心がければ、汗の臭いも薄らいで、細菌の糧も少なくなればいなくなってくれるかもしれません。
気長に頑張れるように、無理のない献立を考えましょう。