サンプルサイト

「アルカリ性食品」と腋臭の関係

腋臭を発生させる原因は、体が「酸化」しやすい状態にあるということです。
人間の身体から「不快」を感じさせる臭い成分の多くは、「短鎖脂肪酸」をはじめとする成分です。

この成分は体内や皮脂腺で「酸化反応」という過程を経て発生します。
つまり体内で不快な臭い成分を発しやすい状態とは、活性酸素が生じやすい環境だということです。
さらに、血液が「酸性」に傾きやすい状態であることが多いです。

健康な人の血液は、通常「弱アルカリ性」です。
これが酸性に「傾きやすい」状態となりますと、体の抵抗力が落ち体調を崩し病気になりやすくなります。
それは同時に、臭い体臭も作りやすい状態となります。
だからこそ血液をアルカリ傾向に保つことは、腋臭を防ぐだけではなく身体を健康にすることのも繋がります。

それでは、血液を弱アルカリ性「傾向」を保つにはどうすればよいのでしょうか。
それを握るのは、「酸性食品」と「アルカリ性食品」です。
血液をアルカリ「傾向」を保つためには、「アルカリ性食品」を中心に摂ることがとても大切なことなのです。

では「アルカリ性食品」とはどんなものなのでしょう。
その代表格は「梅干」です。
ちなみに、梅干そのもののPhは酸性ですが、体の中に入るとアルカリ性の作用になるのです。
また「梅干」には、豊富なミネラルを多く含んでいます。
他に「アルカリ性食品」に代表される成分が含まれているだけではありません。
クエン酸は臭いを強くする素で、ある乳酸を水と炭酸ガスに分解して体の外に出す作用があります。

体を酸性・アルカリ性のどちらの傾向か、決めるものは食品の成分にあります。
具体的には、塩素、イオウ、リンなどの陰性の元素を含んでいると、酸性傾向の作用があります。
ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどの陽性元素を含むものがアルカリ性傾向の作用をするとされています。
腋臭などの体臭予防のためには、このような陽性の元素を多く含むアルカリ性食品を多く摂ることが必要になります。
こちらのドリンクタイプの高麗人参サプリメントというサイトもおすすめのサイトです。ぜひ、ご覧ください。