サンプルサイト

ミョウバンで腋臭を抑えよう

ミョウバンとは染色剤や防水剤、消火剤などに使われているものです。
また脇の制汗や防臭剤としても利用されています。
何故使用されているのかといえば、ミョウバンは水でとかすと酸性となるからです。

臭いは、皮膚表面の雑菌が汗を分解して発生します。
皮膚が酸性の場合、雑菌の繁殖が抑制されて、臭いが抑えられるという効果があります。
制菌作用にとどまらず、より積極的な殺菌作用もあるとされています。

そしてミョウバンの制汗作用です。
臭い成分を含んだ汗を抑えれば、当然臭いも抑えることができます。
ですが、このミョウバンの制汗の仕組みはよくわかっていません。
他にあるのは皮膚上で作られた臭いを消臭する作用です。

ミョウバンには、多くの金属が含まれています。
それによる酸化還元反応で金属消臭され、臭い成分の中和による消臭もできます。
酸性の性質があるミョウバンは、アンモニアに対して消臭作用は特別です。
汗くささを抑えるのにも非常に有効なのです。

それではどのように利用するのがよいでしょう。
水に溶かしたミョウバンをガーゼに浸して、臭いが気になる部分を拭いたり、スプレー容器を使い皮膚にスプレーしたりします。
水分が蒸発してミョウバンが残ると、皮膚が弱酸性に保たれ、臭いの原因になる雑菌の繁殖を抑えてくれます。
また溶かしたミョウバン水にレモンを1個しぼって加えると、効果がより長く持続します。
溶かしたミョウバン水だけでは、長時間持続しないのです。
これを補うためのレモンは酸性が強く、制菌作用もあるだけでなく、レモンの香りによって汗の臭いを隠すということもできます。
ただし人によってはかぶれますので、その場合は濃度を下げてください。

水の代わりに濃いめの緑茶を使うと、さらに消臭効果があがります。
作ったそれらは1カ月近く冷蔵庫で保存できますが、できれば1〜2週間ごとに新しく作りましょう。
ミョウバンはスーパーや薬局で購入できます。
身近で購入できるので、まずは試してみましょう。