サンプルサイト

フェロモンと腋臭の違い

まず、フェロモンには匂いがありません。
臭いの情報伝達とは、また違うのだそうです。

フェロモンは、独特な男性の体臭の原因になります。
思春期から壮年期の男性においては、女性の数十倍の発生量だと言います。
これは、フェロモン香水の原料にもなるアンドロステノンが原因物質のようです。
興奮時・緊張時に主に腋から放出され、皮膚の菌によって代謝され出来上がり、空気中に分泌されることによってニオイが増します。
このアンドロステノンのみが増すと、ただの不快な臭いになります。
他のフェロモン物質と調和してこそ、フェロモンとして男性が女性を引きつける魅力となります。

腋臭は、アポクリン腺という皮膚の部分から放出される汗が原因であり、強い臭いを発するという大きな違いがあります。
その臭いとは酸っぱい臭いや汗臭いとは違い、特有な鼻にツンとくる側にいるのが辛くなる臭いです。
腋臭の原因であるアポクリン線分泌物は、洋服に黄色い汗染み(洗濯では取れにくいもの)
また、汗がとても出やすい多汗傾向が特徴とあげられます。

しかし、一部分では臭腺からのフェロモンが確認されているので、フェロモンと臭腺は紙一重と言えるでしょう。
腋臭はフェロモンの一種でもあるのですが、それが強くなると刺激臭となってしまいます。
匂いの好き嫌いは個人で様々なので、少しでも刺激臭があればフェロモンだとしても腋臭だと捉えてしまう方もいるでしょう。

女性の方では性同期同調フェロモンというものが、月経の同調の原因とも言われています。
無臭のフェロモンの匂いを自然と嗅ぐことによって、自分の月経の同期が変化していきます。
周りの方と自然と、同調していく現象もみられるそうです。

フェロモンと違い、腋臭というのは近付きにくいものがあり本人に自覚がない人をよく見られます。
気にしている方は、脇毛を剃ったり今は長時間臭わないスプレーなどが発売されているので使用するのがお勧めです。
白の洋服はあまり着用しないなど、工夫をされています。
女性の方だと特に、夏場ではほとんどが基本的なことなので気付きにくい方はいらっしゃるのではないでしょうか。
若干の臭いでも気になってしまうという方は、やはり保険の効く治療を受けるべきだと思います。
あまり深刻に考えると鬱病の原因にもなりえるものです。。